圧迫の重要性

横っ腹を摘む

脂肪吸引を受ける際、口コミサイトなどを見てどんな治療をするのか、治療後のケアはどうするのかなどの情報収集を行う人がいます。
口コミサイトの口コミで見たことのある人もいるかもしれませんが、脂肪吸引をした後には腫れや痛み、内出血などの症状が出てきます。
これらの症状を和らげるために有効なのが、治療箇所を圧迫することです。
治療後には、麻酔液などで皮膚が膨れてむくんでしまいます。
それが、圧迫をすることでむくみを抑え、皮膚のたるみを防ぐことができます。
圧迫をすることで、治療後のダウンタイムを短縮できるため、回復が早くなるのです。

脂肪吸引後の2、3週間は、サポーターなどを使って治療箇所を圧迫します。
圧迫をしていると、体を動かすのが大変と感じてしまうかもしれませんが、早く回復するには体を動かすのが望ましいとされています。
脂肪吸引を行い、数日間は安静にすることが大切ですが、その後は適度に体を動かしましょう。
初めはランニングなどの激しい運動ではなく、家事など体にそれほど負担がかからないものから始めるのが最適です。

しばらく圧迫をしていると、色素沈着が起こることがあります。
それを防ぐために、伸縮性のあるサポーターを選ぶのがおすすめです。
美容外科で圧迫器具を提供してくれるので、それを使うのが1番いい方法です。